X68000ZにUS配列のHHKBをつないで使うためのKeyWitchの設定(2024.06.09)

Summary

X68000ZにUS配列のHappy Hacking Keyboardを接続して使うためのKeyWitchの環境設定ファイルus_HHKB.envを作成した。 X68000ZにUS配列のHHKBを接続すると、右上の `~ (バッククオート/チルダ)キーを押した時にBREAKコードが出力され、KeyWitchで指定したcharが出力される前に割り込みが発生し、思った動作にならない不都合が存在する。自作の環境設定ファイルでは、普段使わないIns(Fn+\|)の位置にBREAKを移動することで問題を回避した(Insは使えなくても困ることはないと想定)。あわせてCTRL + c でBREAKコードを出力するように設定。

1. 前置き

気の迷いでX68000Zというおもちゃを入手した。 (キーボードやマウスがついていないスターターパックというセットを買いました。)

ゲームやるにはテンキーとか方向キーなどがないとだめなのだけれど、コーディングや設定するときは大きなキーボードは邪魔なのでUS配列のHHKBを使いたい。

KeyWitchというツールを使えばUS配列でも簡単に繋げられそうと思ったけれど結構な沼だった。

少し(かなり?)調べて自前のKeyWitch.envファイルでうまくいったのでメモを公開。

以下についてご存知の方はコメントいただきたいです

X68000Z + usHHKB

2. 接続手順

2.1 KeyWitch.Xというツールを入手して展開

2.2 一式を展開して何らかの手段でHDDイメージにコピー

2.3 今回作成したUS配列のHHKB用設定ファイル(us_HHKB.env)も同じところにコピー

2.4 config.sysで起動時にkeywitch.xを実行するように設定(キー配置を交換するので-xオプションも忘れずに)